会社にばれずに副業!クラウドソーシングがいい理由3選!!

会社にばれずに副業!クラウドソーシングがいい理由3選!!

サラリーマンの就業規定について

サラリーマンが副業を始めたいと思うときにもっと大きな障害になるのが、就業規則の中に決められている副業禁止の規定でしょう。
零細企業などでは就業規則そのものがないことすくなくないでしょうが、ある程度の規模の会社になりますと就業規則があることが普通です。

それに、就業規則があれば大抵はその就業規則の中には副業禁止の規定があると考えたほうがいいでしょう。
ただし、いくら就業規則で副業が禁止されいるとは言っても、すべての副業が同じ扱いをされるということはないことが多いと考えることができます。

例えば、株式投資などは副業といえば副業の扱いになりますが、就業規則に違反する副業であるかどうかは難しい問題といっていいでしょう。
就業規則に事細かい副業の種類が指定されて直接的に禁止されていればダメでしょうが、いわゆるネット副業のような副業は就業規則に引っ掛からない可能性が高いと考えていいと思われます。

では、どのような副業が就業規則に引っ掛かるかといえば、休日や仕事の終了後の実際に体を動かすような労働をする副業は就業規則に引っ掛かると思ったほうがいいでしょう。
会社が就業規則で副業禁止の規定を設けているのは副業が本業に影響を与えると考えることにあります。

このことから考えてみれば本業に影響を与えない副業はまったく禁止というわけではないとも考えられます。

ネット副業は少なくとも会社にばれにくい

仕事時間以外に自宅で行うネット副業であっても就業規則に引っ掛かるとしても、実際にはネット副業をしていることが会社にばれるという危険性は非常に少ないと考えられます。
ただし、ネット副業はそのままでは会社にばれにくいのは確かでありますが確定申告をする時にばれる恐れはかなりあります。

しかし、副業ではあっても所得として20万円以下であれば確定申告をする必要がありませんので、確定申告で会社にばれることありません。
それに、所得として20万円以上になってしまって確定申告をすることになったとしても、確定申告をする際にも会社にばれることがないようにする方法はあります。

会社にばれないネット副業の本命はクラウドソーシング

会社にばれにくいネット副業ですが、空いた時間をフルに活用できて、それなりに収入も期待できるのがクラウドソーシングです。
もちろんスキルを持っているほうが初めからそれなりの収入を得ることができますが、スキルがほとんどないという人であってもクラウドソーシングでは副業を選択してすることができます。

クラウドソーシングではコンペ方式、プロジェクト方式、タスク方式と自分の副業のスタイルで仕事を選ぶことができます。
時間が取れる人は時間が取れるなりに、時間が取れにくい人は取れにくいなりの仕事を選択することができます。

インターネットにつなげることのできる環境とインターネットにつながる端末があればインターネット上ですべての仕事が完結するので会社にばれにくいことは間違いありません。
それに頑張ってクラウドソーシングで副業を続けていれば、だんだんスキルがついてきて副業の効率が上がってくるのも感じられます。

ネット副業で収入の減少に備える

会社の就業規則がどうであれ、収入が減るような事態になってくれば自己防衛が必要になります。
本業の給料では少ないという場合にも副業によって足りない分の収入を補うことは普通のことと考えていいでしょう。

クラウドソーシングではたくさんの仕事の種類があるので、自分にあった仕事を探しやすいです。
継続をすることによってスキルが上がってくればもっと効率のよい副業に乗り換えることも可能なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ