サラリーマンが副収入を得たいのなら!ネット副業をしよう!

サラリーマンが副収入を得たいのなら!ネット副業をしよう!

満足できる額の給料をもらっている人は多くない

現在、正社員として働いているサラリーマンでも自分で満足のいく額を給料としてもらっている人は多くはないのではないでしょうか。
もしかしたら給料の額を現状維持できればいいかもしれない、と言う状況の人もいるかもしれません。

ですが、もし家族を養っているサラリーマンであれば、現状維持の給料では将来的に家族を養うのも難しいという人もいるのはずです。
子供が大きくなればそれなりにお金も必要になってきます。

また、終身雇用制などという言葉はすでになくなっているものなので自分がいつまで会社で働くことができるのかもわからないと不安に思っている人もいるはずです。
退職金に関してもどれほど受け取れるのか、果たして受け取れるのか、などといった不安を持っているサラリーマンも多いはずです。

場合によっては副業をしなければならない

前述したような将来に対する不安から、もしくはすでに家計の支出が収入を上回ってしまっている状況から副業をしなければならない状況に追い込まれているサラリーマンも少なからずいるでしょう。本業が正社員という立場であっても副業をしなければどうにもならないという人もいるでしょう。

まだまだ正社員の副業を就業規定で禁止している企業が多い中で正社員であり、副業禁止の企業で働いていながらも副業をしている人も多く存在します。
そういった人たちは休日に短期のアルバイトをしたり、深夜にコンビニなどでアルバイトをしたり、という副業をしているケースが多いです。

もちろん、こういったタイプの仕事は給料や時給で副収入が得られるのですぐにお金を手にできる喜びのようなものもあります。
ですが、こういったタイプの仕事を続けていくのはそう簡単ではないはずです。

アルバイトを副業としてオススメできない理由

まず、アルバイトを副業としてオススメできないのには理由があります。
アルバイトは基本的に肉体労働です。また、本業の仕事の後に、もしくは本業が休日の日に副業の勤務先に行って仕事をする必要があります。
ですから、実質休息する時間の確保も難しいですし、いずれ健康に害を及ぼす可能性も否定できません。

また、副収入を給料として受け取るということは最終的には本業の給料から税金がその分天引きされるということになり、アルバイトの副業が会社にバレてしまう可能性もあります。アルバイトを副業としてすることはかなりのリスクがあると言ってもいいでしょう。

副業をするのならネット副業です

アルバイトを副業としてすれば、決まった額の給料が必ず入ってくるという安定面ではいいですが、会社にばれたり体調管理ができなかったりとデメリットも多いものです。
そこでオススメなのはネット副業です。ネット副業であれば自分である程度の時間の管理ができますし、副業をするために通勤する必要もありません。

また、ネット副業をしていれば税金の確定申告を普通徴収にして自分で住民税を納めることによって会社にバレる可能性も低くなります。
肉体的疲労もあり副業が会社にバレる可能性のあるアルバイトと時間を自分で管理し、副業が会社にバレる可能性の低いネット副業、どちらがメリットがあるかはその人次第です。

まとめ

ですが、もし副業をすることで長期的に収入を得ていこうと考えているのなら断然ネット副業をすることをオススメします。
サラリーマンの副業は肉体労働を選択するべきではありません。

もちろん、ネット副業であれば収入が安定しない、ということもあるでしょうが、それは慣れてくればある程度はコントロールできるものです。
ですから、不安に思わずにまずはネット副業を試してみるところからはじめてみるべきです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ