副業を税務署にばれずにする方法はない!4つのコツで紹介!

副業を税務署にばれずにする方法はない!4つのコツで紹介!

1.不景気の中でインターネットは未来を

世の中は、まさにインターネットの時代となっています。インターネットによって、世界が大きく変化してきています。
今まで、必要な時に情報検索をやったり、メールを送ったりというような使い方が一般的でした。

光回線やブロードバンド回線が当たり前になってきまして、動画視聴やリッチコンテンツを使ったような使い方に進化しています。
これに伴って、企業は非常にインターネットによる仕事内容が年々、増えてきています。

例えば、遠隔診断サービスやクラウドサービス、ビック データを活かした仕事も増えてきています。
その一方で、個人についても同じことが言えるかもしれません。それは、今まで副業としての仕事が、ネットワーク化するということです。

いわゆるネット副業というものです。 ネット副業によって、サラリーマンの収入で新たな稼ぎ方が身近なもの持ってきました。

2.ネット副業の重要性

最近、会社はますます業績が悪化しており、どんどんと人件費を抑えようとしてしています。
このようなことを背景にサラリーマンは、ますます副業に専念する傾向にあるのではないでしょうか。

企業では、副業を禁止しているところも少なくありませんが、 この流れは止まることがないでしょう。

3.ネット副業で注意すること

一方、サラリーマンが、ネット副業をするにあたり注意しなければならないことがあります。それは税金です。
通常、 サラリーマンの税金は、 勤めている会社からの給与天引きによって、 引かれています。しかし、副業で年収20万円を超える場合もその対象となるのです。

したがって、年収20万円を超える場合は、必ず税務署で確定申告をしなければなりません。しかし、今までは基準が曖昧だったのです。
20万円を超える人であっても、確定申告をせずに 納税を免れていたというケースが少なくありませんでした。

これからも、副業収入が年20万円を超える人が納税を避けるということは、果たしてできるのでしょうか?
結論から言うと、非常に難しいと考えられます。というより不可能と言ったほうが正しいかもしれません。

4.マイナンバー制度によりガラス張り

それは、マイナンバー制度が施行されたからです。今の制度になってからは、日本国民全員がきちんと納税されているか確認することができます。
今まで本業以外の副収入で20万円を超えている人が、納税を免れていたことは、たまたま税務署が黙認をしていただけというのが、 実態だと思われるのです。

これは、税務署の人のマンパワーが足りないといったことから 出てきたことでもあります。
しかし、前述のマイナンバー制度によって、収入の実態がガラス張りになることになります。

もし、この制度を無視して確定申告をしなかった場合は、後々、追徴課税の恐れも十分にあります。
従って、ネット副業とはいえ、副収入などの年収が20万円を超え人は必ず、確定申告しなければなりません。

そして、次年度の住民税を支払うことで、正しい処理を行う必要があるのです。
確定申告をしないで納税を怠るということは、犯罪につながります。

まとめ

どのような理由があろうとも、仕事をして収入を得ることで、税金をすることは国民の義務です。
世の中の景気が非常に悪くなって、先行きが不透明になっているために、ネット副業をやることは決して悪いことではありません。

ましてや、自分で新しいビジネスを確立していくことは、定年退職後や脱サラといった中で、明るい人生を築き上げることにもつながってきます。
そのようなことから、きちんと仕事をして、正しい納税することで 正しい生活を送っていただきたいのです。

これが行われて、初めてネット副業も意義深いものとなってくるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ