会社が副業を禁止している理由を配慮しての適度なネット副業!!

副業を始めようとするサラリーマンが増加しています

景気回復の兆しはあるものの、まだまだ普通のサラリーマンの給料がアップするまでには至っていません。会社の収益が少し改善しても、不確実な将来のために会社は内部留保する傾向が強く、社員への配分アップをしようとは中々踏み切らないためです。

そんな中で、社会保保険料などはじわじわとアップしており、これが副業を始めて見ようと考える人が増えている理由の1つです。しかし本業を大切にしながら副業を行うなら、配慮すべきこともあるのです。

会社が副業を禁止している理由を配慮すべきです

副業を始めようと考えるサラリーマンが増える一方で、多くの会社では副業を禁止しています。会社が副業を禁止しているにはそれなりの理由があり、その理由を理解した上で、配慮して副業を行う事が必要でしょう。

会社は社員が勤務時間内は仕事に集中し、効率良く働いてくれる事を求めています。これは同じ給料を払うなら、その給料に見合った分だけしっかり働いて欲しいと言う想いであり、ある意味当然かもしれません。また、多くの会社では仕事が忙しくなった場合は、社員を増員するのではなく、社員に残業や休日出勤をしてもらう事で乗りきろうと考えますです。これも景気動向が不安定な中では当然の措置と言えるかも知れません。

社員が勤務時間中に効率良く働いてもらう為、また残業や休日出勤に柔軟に対応してもらう為に、副業は妨げになる場合が多く、これが会社が副業を禁止する最大の理由なのです。

従って、副業が会社にばれないように考慮すると共に、会社が副業を禁止している理由を体し、これを配慮した副業に止める事が必要と言えるのです。

会社が副業を禁止している理由を配慮した副業の条件

会社が副業を禁止している理由を配慮するとは、具体的にどんな事に注意すべきなのでしょうか。

1つは会社にばれる事が無く、会社と無用の摩擦を生む事がない副業である事が重要です。こうした点では、退社後にどこかで何時間かのアルバイトをすると言った事より、ネット副業を考えるべきです。

2つ目は、色々なネット副業から実際に取り組む副業を決める時に、本業に影響するような長時間を要する副業は避けるべきです。また安全でリスクがなくトラブルでそちらに気を取られる事のないネット副業である事が重要です。また会社から残業や休日出勤を要請された場合にも、柔軟に対応できる自由度のあるネット副業である事も重要です。
こうした条件を満たし、かつ着実に稼げるネット副業もあるのです。それは次項で紹介するクラウドソーシングのタスク作業に取り組むと言うネット副業です。

クラウドソーシングのタスク作業

クラウドソーシングのタスク作業は、多くがコラムやブログや口コミや解説記事等を書く仕事です。文章作成の仕事ですが、文才などは必要なく、日本語として意味が通っておれば不採用になる事は少なく、ブログを書く感覚で気軽に取り組む事ができます。

これなら、特別なスキルがなくても多くのサラリーマンが取り組む事が出来ます。しかも、自分の興味あるテーマの依頼のみを選択して文章作成する事ができ、1つの案件が300字から800字程度の依頼のため、細切れ時間を使って作業できるのもメリットです。

もちろん、ノルマもなければ好きな時に好きなだけ作業ができると言う自由度が高く、本業を大切にしつつ行うサラリーマンのネット副業としては最適と言えるのです。
1案件当たりの単価は安いですが、それでも帰宅後や休日に自分の都合に合わせてコツコツと作業すれば2~3万円/月を稼ぐ事も可能です。雑所得として確定申告するのが面倒なら年間20万円未満になるように稼ぎをコントロールする事も容易です。

これなら、副業をしていると言っても、会社が副業を禁止している理由には抵触する事は無く、気にする事無く副業に取り組めると思います。これから副業を始めようと考えるサラリーマンには、クラウドソーシングで文章作成の仕事をされる事がお勧めです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ