ネットでお金を増やす方法為に写真を売る!!

ネットでお金を増やす方法として誰もが出来て大金を稼げる可能性があるのはやはり素材写真の販売だと思います。かなり多くのライバルがいますが、いまだにアイデア次第では普通の人でも大金を稼げる為にネットでお金を増やす方法として人気が高いです。

ただし、やり始めてはみたもののまったくお金が稼げないなんてことも良くあることです。先に書いたようにライバルがとても多い上にプロのカメラマンも利用していますので、素人が何も考えずに撮った写真が売れるほど甘くはないのです。

ですが、皆が皆まったく稼げないわけではありません。ネットでお金を増やす方法として十分威張れるほどの売り上げの人たちもいます。もちろん素人でです。そういう素材写真販売で稼げる人たちと稼げない人たちの違い、なんだか分かりますか?

それは、無駄に芸術家ぶらないことです。素人が犯しがちなミスとして一番多いのがこの無駄に芸術家ぶるということです。変に芸術を意識してしまい、素材写真なのにどこにも使えないなんてことが多いのです。どこにも使えないのですから誰も買いません。ここで気が付けば良いのですが、ほとんどの人が芸術性の足りない写真だから売れないと勘違いしてしまい、次はもっと芸術性の高い写真を・・・といった感じで一回も売れないまま飽きて止めてしまうというのが一番多いパターンです。

素材写真に求められるのは芸術性ではありません。

いかに使いやすいかです。ホームページを作る時や、広報誌を作る時などにいかに使いやすい写真を撮れるか、これがすべてです。もちろん使いやすい上に芸術性も高ければベストなのでしょうが、素人がいろいろやろうとすると失敗しやすいです。私もそうでした。ですので、最初はまず使いやすい写真をなんの芸術性もなくて良いので撮る、これが大切です。そういった写真を季節を考えて販売していけば必ず売れるようになります。

もう一つ売れる素材写真によく見かけるけどなかなか撮るのが難しいものというのがあります。これは撮れたらラッキーというもので、私もたまたまそういう写真が撮れてそれでかなり稼ぐことが出来ました。どういう写真だったかというと、私自身のレントゲン写真です。事故で手を骨折した時に撮ったレントゲン写真、それに全身のレントゲン写真をデジカメで撮ったものがかなり売れました。レントゲンの写真ってなかなか撮れないですものね。こういった写真が意外に需要があり、使用料を取る形で素材サイトへ登録しておけばかなり稼ぐことが出来ます。

自分の撮った写真がどこかで使われるというのはけっこう嬉しいものです。やりがいも感じると思いますのでぜひ始めてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ